5人で練習

2018年03月18日 21:40

これは白井の桜ではありません。拝借した画像です。

今日の練習で「さくらさくら」をやったので、載せてみました。

今日の練習は5人、久しぶりでフルートのSさん、参加です。

今週土曜日の訪問演奏も今日のメンバ—でうかがいます。

 

前回は4人、やはり違う楽器が入ると厚みが出て来ます。

この所ずっとお休みしているヴァイオリンのKさんも、早く参加できるようになるといいですね。

次回の演奏曲、そして次の予定曲もなんとか練習できました。

曲の強弱、意識して演奏することを確認しあいました。

 

テレビの番組で、中学校の吹奏楽部を外国の有名な指揮者が指導するというのを観ました。

言葉の壁はあるものの、とても分かりやすい指導で勉強になることが沢山ありました。

吹奏楽では大切な「ビッグブレス」、真似したいです。

その指揮者曰く「音楽を演奏する者に大切なことが3つある」

それは「才能・努力・人に優しくする」

人に優しくすると言うのは、自分が演奏することに集中しすぎて周りが見えないのは

よくない、他の楽器の音を聴いたり、合わせたりすることが大事、という事かな?

何だかユーカリにも当てはまりそうです。

4人でも7人でも幾つかの楽器の音が重なり合ってひとつになるのだから、もっと他の人が

演奏する音に耳を傾けましょう。

「ユーカリアンサンブル」と名乗っているからには、調和のとれた演奏をしたいものです。

それにはやはり「練習=努力」かな。みんなで頑張りましょう!